大阪府在宅医療推進事業

趣旨・目的

地区医師会に質の高い在宅医療の供給を拡充するため人材(以下「在宅医療コーディネータ」という。)を配置し、これまでの多職種連携の体制を活用しながら、訪問診療や見取りの実績がある診療所(強化型在宅療養支援診療所など)を地域で増やし、在宅医療の充実を図る。

業務の概要

1.地域の医療資源を継続的に把握
  • 地域の病院や診療所、訪問看護ステーションや薬局等を継続的に訪問し、在宅医療の地域資源を把握する。
    また、個々の診療所が対応できる在宅医療の内容について、必要な情報を上記の医療関係者へ情報提供する。
  • 開業医に対して在宅医療の参入を勧誘し、訪問診療に取組む医療機関に対しては、取組みを支援する。
2.訪問診療導入研修の実施
訪問診療に取組む意思のある医師が、在宅医療に取組んでいる医師等の訪問診療に同行し、患者宅での治療や対応を学ぶ研修を実施する。
3.後方支援機能の運用ツールの作成に向けた取組み
在宅療養患者が、夜間や休日あるいは急性憎悪時に対応が必要となった場合に、病院が後方支援機能として受け入れを行うための、具体的な運用についてルール作りに向けた協議を開始する。
4.訪問看護ステーションの活用推進
医師を対象に、在宅療養における訪問看護師の役割や連携等について理解を深める研修や連絡会等を開催する。
5.在宅医療に取組む医師による連携に向けた情報交換会の開催
訪問診療を行っている医師が集まり、在宅医療における連携課題について情報交換を行い、解決に向けた議論を行う。課題解決に向けて議論された内容は、在宅医療の推進として取組みを行う。

具体的な活動実績