会長挨拶

 西淀川区医師会のホームページにアクセスしていただきありがとうございます。
 当医師会は、会員数146名、病院6、診療所55(平成29年1月現在)からなる医師会ですが、いわゆる基幹病院と言われるような大規模病院はなく、中小規模の病院と開業医で構成される比較的こぢんまりとした医師会です。当医師会の詳細については、こちらのページをご参照ください。
 西淀川区は人口96,000人余りで、大阪市の北西部に位置し、西側は大阪湾、南側は新淀川、北は神崎川と左門殿川に囲まれた三角州の上にあります。ご多分に漏れず深刻な高齢化が進む街であり、しかし一方では、市内でも子どもが多い地域として知られ、通りで元気な子どもの声が聞こえる街でもあります。
 当区には御幣島(みてじま)とか姫島、歌島などといった“島”という名がつく地名がたくさんあります。大阪湾と河川に囲まれた“島”という土地柄もあって、私どもは、規模は小さい医師会ではありますが、区民の医療はなるべく区内で完結できるようにすることを目標に、これまで地域での医療に取り組んで参りました。
 まずはどんな病気についても気軽に相談できる身近な「かかりつけ医」として、また、予約の取りやすいあるいは予約がなくても診て貰える「専門医」として、小さい赤ちゃんから寝たきりの高齢者まで全ての方を対象に、地域に密着した医療を行って参りたいと思っております。少子高齢化が進み、医療財政は厳しさを増す状況ではありますが、私どもは、理想を高く掲げて、今後とも、区民の皆様の健康保持、増進と地域医療の発展に全力を尽くしてゆく所存でございます。
 このホームページはまだまだ内容は不十分であります。今後も皆様のご意見やご要望をお寄せいただくことで、より情報の充実を図り、より深いコミュニケーションを得る場として有効に活用していただき、相互理解と信頼がうまれることを願いながら、ご挨拶といたします。

 平成29年3月1日

一般社団法人 西淀川区医師会
会長 福田弥一郎